【最新】エモい写真の加工方法

ここ数年話題の「エモい」は、「言い表せない、感情が動かされた時」に使う言葉です!

SNSでは、制服で撮った青春の一コマや、レトロ喫茶などエモい瞬間を撮影した投稿が多いと思います(´-`).。oO

今回は、意外とテクニックが必要な、エモい写真のおしゃれな加工方法を解説します!

スマホにあるノーマルカメラで撮影した写真を加工する方法なので、スマホに入っている写真で気軽に試してみてくださいね♬

ちなみに、、、BeautyPlusでは顔をレタッチした上から加工できるので、『フィルム写真アプリで撮ると盛れない!』と悩んでいる人は、読む価値あります!☆彡

目次:

1【解説】エモい写真写真とは?

    ≪ポイント1≫全体的に色褪せている

    ≪ポイント2≫一時的なシーン

    ≪ポイント3≫光が差し込んでいる

2【4選】エモい画像の加工方法

    ≪ステップ1≫光を操る

    ≪ステップ2≫対象物の周りをぼかす

    ≪ステップ3≫フィルターをかける

    ≪+α≫レトロスタンプを使う

1【解説】エモい写真とは?

まずは、エモい画像とは何かをポイントごとに解説します☆彡

これを意識して加工すればおしゃれにできます!   

≪ポイント1≫全体的に色褪せている

写真の雰囲気をエモくするにはハッキリした色より、くすんだ色!

また、写真の粒子強めに設定すると、ざらざらした質感になり、フィルムカメラで撮ったような写真になりますよ♬

≪ポイント2≫一時的なシーン

「一時的なシーン」とは、季節の変わり目、制服姿や昭和レトロな喫茶店など、いつかは過ぎてしまう瞬間のこと指します!

どれも、懐かしいなあとノスタルジーな気持ちになりますよね。

他にも、成人式や卒業式等、その年齢特有のイベントの際に撮るとGoodです!

≪ポイント3≫光が差し込んでいる

これが意外とミソ!フィルムカメラで撮影すると、木漏れ日が写ることがあるんです!それを再現するには、光を加工で作り出すことが重要です◎ 

2【4選】エモい画像の加工方法

BeautyPlusは、加工機能が盛り沢山で累計8億以上ダウンロードもされているんです!

無限に使えるツールを使って、エモい画像に加工してみましょう!

≪ステップ1≫光を操る

ブラシ」機能の「レンズフレア」を見てみると、まずで光が差し込んだようなブラシが揃っています♡

エモい加工をする際には、ブラシを太くすると自然です!また、以下の写真のように、写真を斜めに分割した内の下半分にかけると自然でおしゃれですよ!

≪ステップ2≫対象物の周りをぼかす

写真の中心になる対象物の周りをぼかすと、対称物が強調されるのはもちろん、写真に奥行きがでて、手軽に味のある写真にすることができるんです!

スマホのポートレート機能を使っていなくても、BeautyPlusには「ぼかし」機能があるので安心です♬

≪ステップ3≫フィルターをかける

先ほど紹介した、エモい写真特有の色褪せた加工は、「フィルター」機能でできます!◎

選ぶのは簡単!「フィルム」「レトロ」の中から、好きな雰囲気のものを見つけてみてね!

ちなみに「レトロ」にある「Film Leak」と「Film Leak2」は光付きなので、≪ステップ1≫を飛ばして加工できるよ!

≪+α≫レトロスタンプを使う

BeautyPlusのスタンプストアには、1,000種類以上のスタンプが揃っており、もちろんレトロなスタンプもあります♡

今回はフィルムカメラ風写真にマッチする、おしゃれなスタンプを紹介します!

早速ダウンロードして、いつでも使えるようにしてみてくださいね(^▽^)/

エモい写真の加工方法

特に、「フィルムフレーム」というスタンプは、写真の上に載せるだけでフレームにできるので初心者さんにおススメです(^_-)-☆

いかがでしたか?フィルムカメラや有料のカメラアプリがなくても、BeautyPlusならおしゃれでエモい画像に加工することができちゃいます♡

これからエモい画像を撮るのに最適な卒業シーズンなので、ぜひこの記事で読んだことを実践してみてくださいね!

Rina