beautyplus logo
ホーム/アカデミー/写真加工/【2024年最新】写真を綺麗に撮ることができるおすすめアプリ4選!撮影テクニックや加工方法も大公開

【2024年最新】写真を綺麗に撮ることができるおすすめアプリ4選!撮影テクニックや加工方法も大公開

スマホで人物や風景写真を撮っても何だかイマイチ、、、。そう思ったことはありませんか?写真を撮影するときのコツを覚えれば、スマホで撮ったとは思えないような綺麗な写真が撮れるようになります☆彡

写真を綺麗に撮りたいという人のために、この記事では写真を綺麗に撮ることができるアプリ撮影テクニック加工方法などを紹介していきます\(^o^)/

【2024年最新】写真を綺麗に撮ることができるおすすめアプリ4選!撮影テクニックや加工方法も大公開

写真を綺麗に撮ることができる『BeautyPlus』は以下のボタンからダウンロード

App Store でダウンロード
Google Play でダウンロード

写真を綺麗に撮ったことで起きた体験談

写真を綺麗に撮ったことで起きた体験談

写真を綺麗に撮ることができれば、素人感が薄れ、プロが撮影したような仕上がりになります。

筆者も写真をだんだん綺麗に撮れるようになってきて、ここ最近では友人からマタニティフォトや家族写真を撮ってほしいと頼まれるようになりました。

写真を綺麗に撮れるようになることで相手を喜ばせたり笑顔にできたりするのもメリットのひとつといえます(^-^)

自分の写真で相手が喜んでくれる姿を見るのは、とてもうれしいですし、もっと綺麗な写真を撮りたいと向上心もアップしますよ☆彡


撮影のコツさえ覚えれば、綺麗な写真は撮れる

綺麗な写真にするためには、どういったことを意識すればいいのでしょうか。このセクションでは「構図」「光」「アングル」の3つに分けて、撮影時に意識すべきポイントを紹介していきます。

構図にこだわる

構図にこだわる

構図によって写真の印象は大きく左右されます。風景写真に関しては空が広く写るように撮影すると、圧迫感のない写真にすることができますよ。

また構図には「三分割構図」や「日の丸構図」など、いろいろな種類があります。以下では、撮影知識がない人でも簡単にできる構図を紹介していくので、ぜひチャレンジしてみてください(^o^)丿

三分割構図

三分割構図

三分割構図は縦と横を三分割にして、その線が交わる交点に被写体を置く構図のことです。

写真内に余白ができますが、被写体に自然と目が行くのでバランスよく感じられます☆彡

日の丸構図

日の丸構図

日の丸構図とは被写体を写真の中央に配置する構図のこと。とても簡単な構図なので、誰でもチャレンジできます♬

日の丸構図を使用するときは上の画像のように背景をシンプルにしたり、ぼかしたりして、被写体をなるべく目立たせるようにするのがコツ(^_-)-☆

自然光を活かす

自然光を活かす

自然光を意識することで、肌をきれいに見せたり、写真に立体感を出したりすることができます。例えば木漏れ日を見つけたら、木漏れ日の近くに立って撮影するのもおすすめ。光と影のコントラストが写真を綺麗に見せてくれます☆

筆者も光を意識して撮影するようになり、フォロワーの数が200人ほど増えました♡

アングルを意識する

アングルを意識する

アングルとは写真を撮るときにカメラを傾ける角度のこと。上から見下ろすように撮ることをハイアングル、上を見上げるように地面すれすれで撮ることをローアングルといいます。

ローアングルは、普段人が生活をする中で見ない視点なので、SNSでも人気があり、インスタに「#ほふく撮影隊」というハッシュタグも存在するほどです♬


綺麗に撮りにくいシチュエーションとその対策

写真を綺麗に撮るといっても、シチュエーションによっては撮りにくい環境がありますよね。ここでは、綺麗に撮りにくいシチュエーションと、その場所で綺麗に撮るための対策を紹介していきます❣

ここで挙げる綺麗に撮りにくいシチュエーションは以下の2つです。

・観光地やお祭りなどの人混み

・夜間撮影

人混みで綺麗な写真を撮る方法

人混みで綺麗な写真を撮る方法

人混みで風景を撮影したいときは自撮り棒を活用するのがおすすめ。三脚が禁止の場所でも自撮り棒ならOKという場所があります。筆者も先日浅草の三社祭に行ってきましたが、人が多くて撮影するのが大変でした(´;ω;`)

例えば上の画像のように、「神輿を撮影したいけれど人が多くてしっかり写せない」というときは、自撮り棒にスマホを挟んでハイアングルで撮影するとGood!

ですが、自撮り棒はあまり伸ばしすぎると他の人に当たってしまうという危険性もあるため、撮影するときは周りに気を付けて撮影しましょう。

筆者おすすめの自撮り棒:「Velbon Colemanセルフィーマルチスタンド OTH-AB202BK」

暗い場所で綺麗な写真を撮る方法

暗い場所で綺麗な写真を撮る方法

暗い場所で撮影するときは、スマホの「ナイトモード」をオンにして撮影しましょう。この「ナイトモード」をオンにすることで、スマホが暗さを検知して光を多く取り込みます。そのため綺麗な写真が撮影可能☆彡

この「ナイトモード」はiPhone11以降から使えるので、それ以前の機種の人は使用できません。


写真を綺麗に撮ることができるおすすめアプリ4選

このセクションでは、写真を綺麗に撮ることができるおすすめアプリを紹介します。

アプリごとの特徴を解説していくので、アプリ選びの参考にしてくださいね\(^o^)/

『BeautyPlus』

Beautyplus app logo

『BeautyPlus』は、人物写真の補正機能に特化している写真加工アプリ。

肌や顔のパーツ、体型補正などが可能です。また「映画モード」という機能があり、肌補正がかかった状態で、背景がボケた状態の綺麗な写真が撮影可能♡

他にも「ナイトモード」を搭載しているので、暗い場所でも綺麗な人物撮影ができます!

明るい場所、暗い場所問わず、いつも綺麗な人物撮影をしたい人におすすめのアプリです(*^^*)

以下は上記で紹介した機能を使って撮影した写真の例

【体型補正をした例】

←Before After→

【映画モードを使用した例】

【映画モードを使用した例】

【ナイトモードを使用した例】

【ナイトモードを使用した例】

綺麗な人物写真を撮れる『BeautyPlus』は以下のボタンからダウンロード

App Store でダウンロード
Google Play でダウンロード

『Adobe Lightroom』

app

『Adobe Lightroom』はフォトグラファーも使用する写真加工アプリ。

写真加工に特化していますが、『Adobe Lightroom』はカメラ機能も優秀です。

クリッピング機能(一番明るい箇所と暗い箇所をマーキングする機能)を搭載しているので、写真の白つぶれや黒つぶれ(明るい箇所が真っ白、暗い箇所が真っ黒)になってしまうのを防ぐことが可能☆彡

この機能を使えば、よりきれいな写真を撮ることができます。

また綺麗な写真を撮ったあとはそのまま『Adobe Lightroom』で加工ができるのもうれしいポイント(*’▽’)

本格的なアプリを使用して撮影や加工をしたい人におすすめのアプリです(^O^)/

『Foodie』

Foodie app logo

『Foodie』は食べ物の写真を撮ることに特化しているアプリです。

クッキーやラーメン、ケーキなどの多彩な食べ物にぴったりのフィルターを搭載♡

また「高画質」モードを実装しているので、最大解像度で撮影できます。

食べ物の写真を綺麗に撮りたい人におすすめのアプリです(*’ω’*)

『LINE Camera』

app

『LINE Camera』はLINE公式のカメラアプリです。

グリッド表示やタイマー、水準機能など写真を綺麗に撮るために役立つ便利な機能を搭載。

また、人物や風景、花など無料で使用できるフィルターの種類が豊富です。ワンタップで綺麗な写真に仕上げることができるのも魅力♡

撮影に慣れていないので、綺麗な写真を手軽に撮りたいという人におすすめのアプリです\(^o^)/


【丸パクリOK】写真がより素敵になる加工方法を紹介

「構図」や「光」「アングル」などを意識して撮影した写真を、より素敵にするための加工方法を「人物」「風景」「食べ物」のジャンルに分けて詳しく解説していきます❣

また、おすすめのフィルターや設定数値なども紹介します(^-^)

※加工アプリは『BeautyPlus』を使用

人物

←Before After→

【加工レシピ】

明度:+40

彩度:+10

かげ:+10

フィルター:N11

人物の加工は、明度とかげを若干上げて写真全体に明るさをプラス。彩度も上げて華やかさを加えます。そしてフィルターはN11を使用。ほんのり写真がピンク色になるので、女性らしい雰囲気を演出できます♡

人物加工について詳しく知りたい人はこちらの記事をチェック↓↓↓

ポートレートの撮影テクニック&ポートレート加工におすすめのアプリTOP3【2024年最新版】

風景

←Before After→

【加工レシピ】

明度:+5

コントラスト:+10

彩度:+15

ハイライト:-15

フィルター:IDV3

風景写真は明度と彩度、コントラストを上げます。ハイライトは下げて、雲の形がはっきり見えるようにしましょう。フィルターはIDV3を使用して、写真全体を鮮やかにします。こうすることでインスタ映え間違いナシの風景写真が完成です❣

食べ物

←Before After→

【加工レシピ】

明度:+15

光補正:+10

彩度:+20

色温度:+20

フィルター:GMT3

食べ物を加工するときは、画像全体が明るく、暖色系になるように調整しましょう。暖色系になることで写真の青味が消え、食べ物がよりおいしそうに見えます。そしてフィルターはGMT3を使って、彩度をバランスよくアップさせましょう(^o^)丿

写真を綺麗に加工できる『BeautyPlus』は以下のボタンからダウンロード

App Store でダウンロード
Google Play でダウンロード

インスタで「いいね」&「フォロワー」を増やすコツ

インスタで「いいね」&「フォロワー」を増やすコツ

写真を綺麗に撮る方法や、おすすめの加工方法を紹介してきましたが、以下で紹介するコツと組み合わせれば、インスタで「いいね」をたくさんもらえたり、「フォロワー」を増やしたりすることができます\(^o^)/

写真を投稿する時間を意識する

インスタは多くのユーザーが見ている時間帯に投稿することで、いつもより多く反応がもらえます。例えば朝の通勤通学の時間帯の7時から8時、ランチタイムの12時から13時、そして20時から22時がおすすめ。

今まで投稿時間を気にしていなかった人は、投稿時間を意識してみましょう❣

iPhoneで撮影したときに使えるハッシュタグを活用する

写真を投稿する際、ハッシュタグに工夫を凝らすことも大切。ハッシュタグを付けることで、フォロワー以外の人の目に止まりやすくなります

ハッシュタグはiPhoneで撮影した写真ということをアピールできるものを活用するのがおすすめ。例えば「#ShotoniPhone」というタグを筆者はよく使っています(*’▽’)

このハッシュタグは、iPhoneで撮影したのに、まるで一眼カメラで撮影したような写真が撮れたときに使うと効果的☆彡

ハッシュタグは30個まで付けることができますが、たくさん付ければいいというものでもありません。適切なものを10個ほど付けるだけでOK❣

また、数百万人がフォローしている人気ハッシュタグばかりだと、自分の投稿が上位表示されにくくなるため、数千~数万人程度のフォロワーがいるハッシュタグを付けるのがおすすめです♡


撮影のコツを理解すれば、写真を綺麗に撮ることができる!

この記事では写真を綺麗に撮ることができるアプリ撮影テクニック加工方法などを紹介しました。写真を撮るときは「構図」「自然光」「アングル」を意識することで、プロが撮影したような写真になります。

『BeautyPlus』はフィルターや肌補正をかけたまま撮影することが可能。完成イメージを見ながら撮影できるのもうれしいポイントです。またシンプルなデザインで、直感的に操作できるのが特徴☆彡

アプリ選びで迷っている人は、ぜひ『BeautyPlus』を試してみてくださいね(*^^)v

綺麗な写真を撮ることができる『BeautyPlus』は以下のボタンからダウンロード

App Store でダウンロード
Google Play でダウンロード
関連するタグ
おすすめ