【インスタ映え】ヴィンテージ・レトロ加工のやり方を徹底解説

古い写真のようなレトロな雰囲気を楽しめちゃうヴィンテージ加工。日常を何気なく撮った写真でも、本記事でご紹介するヴィンテージ加工を試すだけで、一気におしゃれに変身できちゃいます!

本記事では、ヴィンテージ加工のやり方とあわせて、ヴィンテージな雰囲気が漂うおすすめの撮影スポットもご紹介しますぜひ参考にしてレトロでかわいい写真にチャレンジしてみてください♫

【インスタ映え】ヴィンテージ・レトロ加工のやり方を徹底解説

BeautyPlusのダウンロードは以下のボタンから♡


ヴィンテージ加工の魅力とは?

最近インスタでよく見かけるヴィンテージ&レトロ加工。そもそも「ヴィンテージ加工」ってどんな加工なのか気になる人も多いのではないでしょうか。ここではヴィンテージ加工ならではの魅力を、3つのポイントにまとめてお伝えしていきます。

古い写真のようなノスタルジックな雰囲気を味わえる

古い写真のようなノスタルジックな雰囲気を味わえる

「ヴィンテージ」とは、多くは年代物のアイテムや古くて価値のあるものを指す言葉です。なのでヴィンテージ加工をすると写真が「レトロで味わい深い」ものになり、ノスタルジックな雰囲気を味わえます

レトロでかわいい見た目がインスタ映えにピッタリ

レトロでかわいい見た目がインスタ映えにピッタリ

インスタの投稿写真の参考にはファッション雑誌がおすすめ。ファッション雑誌でも見かけるレトロでかわいいヴィンテージ加工は、他の写真とも差別化ができてインスタ映えすること間違いなし!

気になる顔のアラが目立たなくなる

気になる顔のアラが目立たなくなる

最近はスマホでもカメラの性能が高く、高画質な写真を撮ることができます。キレイな写真が撮れる一方で、顔の気になるシワやシミもくっきり写ってしまうなんてことも。

ヴィンテージ加工すると、そんな「高性能カメラ」特有の悩みを解消してくれるのも魅力です。ノイズや自然なぼかしを加えることでおしゃれになるだけでなく、顔のアラも隠してくれるのがうれしいポイントですね♡


手軽にできちゃう!アプリでのヴィンテージ加工のやり方

写真をレトロでおしゃれにしてくれるヴィンテージ加工。そのやり方を『BeautyPlus』などのおすすめアプリを使ってお伝えしていきます。誰でも簡単にできるので、ぜひ試してみてください♪

インスタは「統一感」がおしゃれの秘訣

インスタは「統一感」がおしゃれの秘訣

おしゃれなインスタに共通するのは「統一感」があることです。加工を加えると写真によって色味が変わるので、同じ雰囲気の写真になるように加工後は調整して統一感を出すことが大切です。

『BeautyPlus』で、まるでレトロ写真のような仕上がりに

app

『BeautyPlus』は多機能で操作もシンプル。ヴィンテージ風のフィルターも豊富で、古い写真にありがちなダスト(ホコリ)や、写真が折れたような跡も簡単に加工できます。誰でもクオリティの高いヴィンテージ加工が楽しめちゃいます

1. 明るさを下げる

明るさを下げると写真全体が暗くなり、これだけでも雰囲気のある仕上がりに。下の写真は「-40」に設定して全体をほんのり暗くしました。日陰で撮った写真をイメージして調整してみてくださいね♡

1. 明るさを下げる

▲編集内の「調整」をタップし、「明度」で明るさを調整する。

2. コントラストを上げる

コントラストを上げると明暗差がくっきりするため、写真に立体感が生まれ「のっぺり感」を解消することができます∩(*・ω・)∩

気をつけたいのが、コントラストの上げすぎによる黒い絵の具で塗りつぶしたような「黒つぶれ」現象。数値は「10」〜「20」の間がおすすめですが、写真の変化を見ながら調整しましょう。

2. コントラストを上げる

▲調整内にある「コントラスト」を選択し、スライドバーを動かして調整する。

3. ハイライトを下げる

ハイライトを下げると影の部分が濃くなり、シックな雰囲気に。写真によって異なりますが、数値は「-50」~「-60」の間がおすすめです。

3. ハイライトを下げる

▲調整内にある「ハイライト」をタップして、バランスを見ながら調整する。

4. 彩度を下げる

彩度を下げると写真が色あせて、一気にレトロな雰囲気に。下げすぎるとモノトーンになってしまうので、バランスを見ながら調整してみてください。

赤や青など原色に近い鮮やかな色が多い写真の場合は、「-50」~「-75」の間で調整するとちょうどいいですよ。

4. 彩度を下げる

▲調整内にある「彩度」を選択して、数値を下げる。

5. ノイズをかける

ノイズをかけると、フィルム写真のようなザラザラした質感になります。ノイズをかけすぎると画質が粗くなるので気をつけましょう。理想をイメージしながら少しずつ調整していくと、きれいに仕上がります。

5. ノイズをかける

▲調整内にある「ビンテージ」をタップして、ノイズをかける。

6. 色あせ加工をする

最後の仕上げに色あせ加工をします。写真全体が曇るので、一気にレトロな雰囲気に仕上がります。この加工だけでもおしゃれな写真になりますよ(*^▽^*)

6. 色あせ加工をする

▲調整内にある「色あせる」をタップして、スライドバーで調整。

すべての加工を終えて、出来上がった写真がこちら!

6. 色あせ加工をする

写真全体が暗くなり、ヴィンテージ感が漂うレトロな風合いになりました!「色あせる」や「ノイズ」なども加えて細かく調整したため、しっかりインスタ映えするレトロな写真に仕上がっています♡

BeautyPlusのダウンロードは以下のボタンから♡

手書き風の文字でおしゃれ度アップ!

手書き風の文字でおしゃれ度アップ!

さらにおしゃれな写真を目指す人は、手書き風の文字をプラスしてみましょう!手書き風の文字はヴィンテージ加工とも相性バツグンです◎

ポイントは暗めの写真に白い文字を載せること。一気におしゃれ度がアップします♡洗練させたいなら文字はたくさん載せずに、ひとこと付け足すくらいにとどめましょう。

『Instagram』でもできる!基本のヴィンテージ加工を伝授

app

実はインスタでもヴィンテージ加工ができちゃうんです。他のアプリを経由しないぶん楽ですが、リアリティは少し落ちてしまいます。

 この方法は、写真を加工をしたらすぐに投稿したい人におすすめです

1. 彩度と明るさを低くする

明るさを下げると写真全体が暗くなり、ノスタルジーな雰囲気に。あわせて彩度も下げるとより雰囲気が出るので、バランスを見ながら調整しましょう

写真がほんのり暗くなるように「明るさ」は「-50」に、古い写真の雰囲気を出すために「彩度」は「-40」に設定しました。どちらも下げすぎるとただの暗い写真になってしまうため気をつけましょう。

1. 彩度と明るさを低くする

▲ 彩度を下げすぎるとモノトーンになるので注意。

2. ハイライトを下げる

ハイライトを下げると影が強調され、写真にメリハリが生まれます。

ひとつ気をつけたいのは、元の写真が暗い場合。下げすぎると黒つぶれ現象が起きてしまうので「-10」~「-30」の間で様子を見ましょう。下の画像のように白い部分が多い場合は「-50」~「-70」まで下げても大丈夫。雰囲気漂う写真に仕上がります。

2. ハイライトを下げる

▲まずは「-50」~「-60」くらいで調整してみてね。

3. シャープを上げる

シャープを強くすると写真の輪郭が目立ち、くっきりした印象に。 

金属やガラス類が写っている写真は思いきって上げても大丈夫。下の画像もアクセサリーが写っているので「100」まで上げています。

反対に布や花が写っている写真を加工する場合は、上げすぎると柔らかい雰囲気がなくなってしまうため、「10」~「30」の間がベストです。

3. シャープを上げる

▲色味は変わらないので「100」まで上げてOK。

すべての加工をして、出来上がった写真がこちら!

3. シャープを上げる

明るさや彩度、シャープなどの調整を掛け合わせたことで、落ち着いた写真に。インスタにはダストやノイズの加工がないため少しデジタルっぽさは残りますが、古い写真のようなおしゃれな雰囲気に仕上がりました。

『VSCO』の豊富なヴィンテージフィルターでおしゃれに

app
『VSCO』の豊富なヴィンテージフィルターでおしゃれに

インスタグラマーから多くの支持を集めるのが、写真加工アプリ『VSCO』。すぐにヴィンテージの雰囲気に加工してくれる、おしゃれなフィルターが豊富です。コントラストや明瞭度なども細かく設定できるので、より自分好みに仕上げることができます◎

『FIMOレトロフィルムカメラ』はノスタルジックなフィルム風加工が魅力

app
『FIMOレトロフィルムカメラ』はノスタルジックなフィルム風加工が魅力

インスタントカメラ風の写真を撮りたいなら『FIMOレトロフィルムカメラ』がおすすめ。無料で5種類のフィルターを選べるのもうれしいポイントですね。ダイヤルを回したりフィルムを入れ替えたりするギミックもあるので、本当のインスタントカメラみたいに楽しめますよ。


レトロな雰囲気漂うおすすめ撮影スポット3選

ヴィンテージな写真を撮りたいなら、加工だけじゃなく撮影場所にこだわるのも大切です。このセクションでは、レトロでノスタルジー溢れるおすすめスポットを3つご紹介!ヴィンテージ撮影の参考にしてみてくださいね。

「鳩山会館」東京・文京区

庭園や洋館などクラシカルな雰囲気が魅力の「鳩山会館」。内閣総理大臣を務めた鳩山一郎氏の邸宅を一般公開した場所で、100年以上の歴史を持つ建物です。一部の展示コーナーは撮影NGなので、撮影するときは注意が必要です。

「鳩山会館」東京・文京区

※出典:『鳩山会館公式サイト』

「ゆりあぺむぺる」東京・吉祥寺

「ゆりあぺむぺる」東京・吉祥寺

※出典:yuriapemuperuの『Instagram』

「ゆりあぺむぺる」はレトロかわいいノスタルジックなカフェです。カラフルなクリームソーダをはじめ、ドリンクやフードも充実しています。2022年には鎌倉店もオープン。ちょっとした休憩におすすめなので、ぜひ足を運んでみてください。

「北浜レトロ」大阪・北浜

「北浜レトロ」大阪・北浜

※出典:kitahama_retroの『Instagram』

イギリス様式の洋館でアフタヌーンティーと紅茶を楽しめる「北浜レトロ」。1階が英国伝統菓子舗、2階がアンティークの魅力がたっぷり詰まった英国紅茶室になっています。2階から中之島のバラ園が一望できるのもうれしいポイントですね。


ヴィンテージ・レトロ加工をマスターすれば、インスタで人気者に!

いかがでしたでしょうか?インスタ映え間違いなしの、レトロでおしゃれなヴィンテージ加工の方法をご紹介しました。何気ない日常の風景や、お気に入りアイテムの写真も、ヴィンテージ加工をすればたちまちおしゃれな写真に大変身! 

特に『BeautyPlus』なら簡単にヴィンテージ加工ができちゃいます。初心者でも簡単なので、早速チャレンジしてみてくださいね∩(*・ω・)∩

BeautyPlusのダウンロードは以下のボタンから♡

関連するタグ
おすすめ
最新