自撮りできれいな「証明写真」を撮影するアプリとコツ:就活やアルバイトの履歴書向け

履歴書などに貼る証明写真は、写真館やスピード証明写真機などで撮影されている方も多いのでは?ただ、「手間がかかる」「お金がかかる」などの理由から、「自分で証明写真を撮影できたらいいのに…」と思っている方もいますよね。

この記事では、スマホアプリを活用して、自撮りから印刷までを自分でする方法や、きれいに撮影するコツなどを紹介します(^^)/

自撮りできれいな「証明写真」を撮影するアプリとコツ:就活やアルバイトの履歴書向け

BeautyPlusのダウンロードは以下のボタンから♡

App Store でダウンロード
Google Play でダウンロード

スピード証明写真機の設置場所や値段は事前にチェック!

証明写真を撮影する定番は街中にある「スピード証明写真機」でしょう。スーパーや駅などに設置されているのをよく見かけますね。ただ、いざというときに「あれ、ここになかった?」など、見つけられないことも(-_-;)設置場所や値段は、事前に調べておくことが必要です。


スマホアプリを活用した自撮りが便利!印刷は自宅やコンビニで

証明写真機がなくても、自宅で撮影するという選択肢もあります。スマホカメラやアプリの品質は向上しており、セルフでもきれいに撮影することができるからです。

しかも、撮影から印刷までを自分でできると、時間やコストを節約することができますよ。

スマホアプリを活用した自撮りが便利!印刷は自宅やコンビニで

▲出典:「AI証明写真」公式HP

証明写真機の値段は800〜1,200円程度。就活だと複数枚用意する必要があるので、なかなか厳しい出費といえるでしょう。写真館で撮影する証明写真なら、満足度の高いものが手に入りますが、値段の高さやスタジオまで足を運ぶ手間がネックになりますよね。

というわけで、ここからはスマホアプリで証明写真を自撮りする方法を検討しましょう。まずはおすすめのアプリの使い方を紹介します☆彡

『BeautyPlus』なら瞬時に美肌証明写真が撮影できる

app

『BeautyPlus』は美肌補正に特化したアプリ♡「MiniApp」内にある「証明写真」モードを使用すれば、美しく品質の高い証明写真が自分で撮影できます。背景を透明にする透過機能もあるので、場所を選ばず撮影できるのも大きなポイント。

それでは、『BeautyPlus』を使った証明写真の撮影方法を実際に見てみましょう。

『BeautyPlus』なら瞬時に美肌証明写真が撮影できる

▲まずアプリを立ち上げ、「MiniApp」をタップして「証明写真」を選択します。「サイズ一覧」から希望のサイズを選び、「撮影ボタン」をタップしましょう。

『BeautyPlus』なら瞬時に美肌証明写真が撮影できる

▲位置を調整して「次へ」をタップすると、背景が自動で消えるので、「肌補正」を調整してください。

『BeautyPlus』なら瞬時に美肌証明写真が撮影できる

▲これだけで画像は完成です。データは、スマートフォンのアルバムに保存されます。

BeautyPlusのダウンロードは以下のボタンから♡

App Store でダウンロード
Google Play でダウンロード

『履歴書カメラ』はとてもシンプル!使いやすさがgood

app

『履歴書カメラ』はリクルート社のアプリ。とてもシンプルで使いやすいのが魅力。パパっと撮影できるので、急いでいるときにはおすすめです。

▲ガイドラインに従って写真を撮影します。肌質調整機能が3種類あり、くま消し機能が便利です♡

▲サイズを選択して画像完成。写真フォルダに保存されます。

『美肌証明写真』美肌加工機能でナチュラルな仕上がり!

app

『美肌証明写真』は女性におすすめのアプリです。美肌や彩度、明るさの調整はスライドバーを動かすだけの簡単操作

▲ガイドラインに従って写真を撮影し、「美肌」「彩度」「明るさ」の3つのスライドバーで質感を調整しましょう。

『美肌証明写真』美肌加工機能でナチュラルな仕上がり!

▲希望のサイズを選択すれば、印刷に最適な画像が自動で用意されます。

『証明写真BOX』背景色を好みの色にカスタマイズ

app

一般的に証明写真の背景は白・青・グレーなどが多いもの。けれども、この 『証明写真BOX』の背景は、自分の好きな色を選ぶことができるのが魅力。

▲ガイドラインに沿って撮影します。自撮りをするときは三脚やスマホスタンドの使用がおすすめ。

『証明写真BOX』背景色を好みの色にカスタマイズ

▲グラデーションは顔色がよく見える効果が期待できます。


証明写真のサイズ一覧

証明写真にはさまざまなサイズがあり、必要な用途によって違うので注意しましょう。主なものをまとめてみたので、間違えないように気を付けてくださいね(^_-)-☆

【3.0×2.4cmサイズ】

 自動車運転免許、アマチュア無線免許、司法修習生(最高裁判所)、衛生管理者、ボイラー技士(試験)、ガス溶接技能、実用英語技能検定受験(1~3級)、通信士免許、インテリアコーディネーター、電気通信主任技術者、自転車技士、ネイリスト技能検定試験、ボイラー技士(免許)、フォークリフト運転者、雇用保険受託申請、臨床心理士

【4.0×3.0cmサイズ】

 履歴書、在留カード、情報処理技術者、身体障害者手帳、行政書士、国家公務員(1~3種)、エントリーシート、知的財産管理技能検定、TOEIC、日本漢字能力検定、フードコーディネーター、簿記実務検定、電気工事士、センター試験、宅地建物取引業申請、司法修習生(司法研修所)

【4.5×3.5cmサイズ】

●パスポート

●マイナンバーカード

●taspo

●簿記検定1級

●電気主任技術者

●電気工事士

●中小企業診断士

●税理士

●総合旅行業務取扱管理者

●理容師・美容師国家試験

●ワープロ技能検定

●介護福祉士

●建築整備士

●原子炉主任技術者

●公認会計士

●小型船舶操縦士免許

●司法試験

●社会福祉士

●中小企業診断士

●ふぐ調理師

●放射線取扱主任者

●消防設備士※2枚必要です

【その他のサイズ】

5.0×4.0cm

●国外運転免許

●社会保険労務士

5.0×4.5cm

●気象予報士

5.0×5.0cm

●司法書士

6.0×4.0cm

●医師国家試験

6.0×4.5cm

●自動車整備士


自宅でもきれいに撮影できる5つのコツ

これで使用するアプリや写真のサイズがわかりましたね。それでは、次は写真の撮り方のコツを教えます(^_-)-☆

証明写真のNG例

写真を撮る前にNGの例をチェックしておきましょう。マイナンバーカードの総合サイトの「顔写真のチェックポイント」に「不適切な写真の例」のイラストが掲載されています。

証明写真のNG例

▲自宅で撮影するときに一番注意することは、「ピンボケ」や「影」。

出典:マイナンバーカード総合サイト/顔写真のチェックポイント

これらのNG例に当てはまらないよう気を付けましょう。以下のようなポイントを意識してみると本格的な証明写真に仕上がりますよ(^_-)-☆

1. 光源は前方に配置する

白い壁を背景に撮影しましょう。白い壁がないときは、髪や服の色と被らない単色の背景を探してください。先ほど紹介した『BeautyPlus』や『証明写真BOX』なら、背景を白く加工することが可能です。

撮影時のポイントは、光源が前方(正面)にあること!目に光が入って、キラキラとした雰囲気で撮影できます

▲正面に光源があれば、顔全体が明るく照らされ、瞳に光(キャッチライト)が入ります。理想は、前方に窓があること。自然な光が入ってナチュラルな写真が撮れます。それが難しくても、照明の光が目に映り込めば十分でしょう。

1. 光源は前方に配置する

▲照明の電気が遠くにあれば、光が瞳に映りやすい上、影も出来にくくなります。

2. 壁から距離を取って影を消す

マイナンバーカードの不適切な写真例には「背景に影がある」とあります。これは壁から50cmほど離れたら解消できます

▲壁から距離を取ると影が消えます。また、壁紙のザラザラ感も目立たなくなりますよ。

3. 100均の三脚を使ってスマホと距離を取る

スマホを手に持って自撮りするよりも、距離をあけて自分とカメラの距離を離すのがベスト。家族に撮ってもらうのもひとつの方法ですが、手ブレを予防するために三脚を使うのもおすすめです(^^)/

100円ショップには役立つアイテムがいっぱい♡三脚や自撮り棒、スマホホルダーなども十分に役に立ちますよ。

3. 100均の三脚を使ってスマホと距離を取る

▲スマホを三脚にセットできるホルダー(左)や、スマホを挟むことに特化した三脚(右)など、さまざまなアイテムがありますよ。

4. セルフタイマーを活用して手ブレを抑える

三脚やスマホスタンド、自撮り棒を使ってスマホで撮影するときは、セルフタイマーを利用しましょう。手ブレを軽減することができますよ

ポイントは、肩のバランスを崩さないように正面から撮影すること。スマホアプリなので時間制限もなく何度でも撮り直せます。左右の肩のバランスや顎の位置なども要チェックです。しっかり顎を引いて撮影しましょう(^^)/

5. 簡易レフ板を身近なアイテムで作成

自宅で撮影する難点は照明不足。影が濃く出てしまうのを防ぐため、簡易のレフ板を身近なアイテムで作ってみましょう。

5. 簡易レフ板を身近なアイテムで作成

▲アルミホイルを丸めてクシャクシャにしましょう。それを段ボールに貼り付けるだけでレフ板が完成します。

その他のポイントもチェックしましょう。

●顎は軽く引く(上目遣いや見下しにならないように気を付けてね)

●歯は見せないようにして口角を少し上げる

●目はやや大きく開ける

気軽に撮り直しができるのもアプリのメリットですね。満足できるベストショットが撮れるまで何度でもチャレンジしてください(^_-)-☆


まとめ

アプリを使って自分で証明写真を撮れれば、コストや手間、移動時間を節約することができます。特に多くの証明写真が必要になる就活にはおすすめですよ。

また、今回紹介した『BeautyPlus』は自撮り機能に優れており、「証明写真」モードを活用すれば、盛れる証明写真が撮影できます。また、有料版を使えば、前髪をきれいに修正することも可能。プロが撮影したような満足度の高い証明写真を撮りたい方は、ぜひ使ってみてくださいね♡

BeautyPlusのダウンロードは以下のボタンから♡

App Store でダウンロード
Google Play でダウンロード
関連するタグ
おすすめ
最新