写真に写った影をきれいに消すアプリ3選!影が写らない撮影のコツも解説

「せっかく撮影したのに余計な影が写ってる…」というように、写真に自分やスマホの影が写り込んでしまうことってありますよね。そんなときは画像加工アプリを使って影を消してしまいましょう。

今回は、写真から影を消すことができるアプリを3つ紹介します。また、加工する手間を省くためにも、撮影時に影が写らない撮影方法のコツもお伝えしますね(^_-)-☆

写真に写った影をきれいに消すアプリ3選!影が写らない撮影のコツも解説

BeautyPlusのダウンロードは以下のボタンから♡


影を簡単に消す3つのおすすめアプリ

影が写り込んだ写真でも、画像加工アプリを使えば簡単に消したり薄くしたりすることができるんです♡ただし、背景が複雑な写真の場合、完璧に消すのは難しく、違和感のある仕上がりになることもあるので注意しましょう。

『BeautyPlus』の優秀機能!影を簡単に薄くできる

app

『BeautyPlus』なら「光補正」機能を使うだけで、影を薄くしたり明るさを調節したりできるんです♬簡単な操作なので、初めてアプリで写真加工をする方にもおすすめですよ。

『BeautyPlus』の優秀機能!影を簡単に薄くできる

まず、「編集を開始」をタップして、加工する画像を選びましょう。それから、画面下にある「編集」を選択して「調整」をタップしてください。

『BeautyPlus』の優秀機能!影を簡単に薄くできる

いろいろな「調整ツール」があらわれるので、その中から「光補正」をタップしましょう。ゲージを右に動かすと明るく、左に動かすと暗くなります。このツールを使うと、暗かった写真が鮮明に明るくなります。

『BeautyPlus』の優秀機能!影を簡単に薄くできる

もっと明るくしたい場合は、「光補正」を繰り返してみましょう(^^♪

『BeautyPlus』の優秀機能!影を簡単に薄くできる

自撮りの影を消すには、背景を切り取るのがGood!

自撮りの影が写ってしまったときは、『BeautyPlus』の編集機能のひとつである「背景を除去」を活用してみましょう。背景に写った影をきれいに消すことができますよ

赤く塗られた背景の部分が切り取られるので、赤色が必要なところにはみ出していないかチェックしましょう。ブラシの太さを選んで赤色の部分を塗り足すことも、「消しゴム」で消すことも可能です。

自撮りの影を消すには、背景を切り取るのがGood!

被写体を切り抜いたら、画面下のツールの中から「背景」を選択してください。背景画像を選ぶことで、周りの影が消えてきれいに加工できます(^^♪

自撮りの影を消すには、背景を切り取るのがGood!

証明写真などで自撮り写真を撮影するときなど、この方法で影を消してみるのがおすすめです。

商品の撮影写真や顔にかかった影を消すには、リムーバー機能がおすすめ

『BeautyPlus』にある「リムーバー」機能は、商品の撮影のときに写り込んだ影や、顔にかかった影を消すのにぴったりです。操作は簡単!「クイック削除」で消したい箇所を指でタッチするだけです♬

商品の撮影写真や顔にかかった影を消すには、リムーバー機能がおすすめ

繰り返しなぞると、なかなか消えない影もきれいになりますよ。加工の比較例を参考にしてみてください(^^)/

商品の撮影写真や顔にかかった影を消すには、リムーバー機能がおすすめ

『メルカリ』などのフリマアプリを利用する機会が多い方には、この機能がとても便利♡写真を撮影したときに、自分の影が写り込んだ場合はこの機能で影を消してしまいましょう。

BeautyPlusのダウンロードは以下のボタンから♡

『InstaSize』アプリで影を薄くする方法

app

『InstaSize』は、写真全体の色を調整することができるアプリです。調節ツールを使って手軽に影を加工できます。プロ仕様の高機能フィルターが30種類も搭載されています。

『InstaSize』アプリで影を薄くする方法

左から3つ目にある「ツール」アイコンをタップして、「露出」や「コントラスト」などを選択して調整しましょう。各項目の調整は赤枠のスライドバーから可能。加工後の保存は「↓」をタップしてください。

おすすめの加工レシピを教えちゃいますので、参考にしてくださいね。露出を上げすぎると明るくなりすぎるかも。画像を見ながらゆっくり調整するのがおすすめです。

●   露出 : +10

●   コントラスト : -15

●   Lux : -50

●   ハイライト : +50

●   シャドー : +10~+20(画像を見て変えてください)

●   彩度 : -20

『InstaSize』アプリで影を薄くする方法

画像を保存するには580円/月の料金が必要。ただ、無料期間が3日間あるので、プロ仕様の技を試してみたい方はぜひダウンロードしてみましょう。

『Snapseed』アプリで影を消す方法

app

『Snapseed』は多機能で本格的な写真編集アプリです。使いこなせれば影をうまく消すことができますが、『BeautyPlus』の操作に比べると少し複雑です。加工に慣れた方に向いたアプリでしょう。

『Snapseed』アプリで影を消す方法

おすすめの加工レシピは次の数値です。「画像調整」から次の項目を操作して、最初に影を薄くすることが大切です。

●   明るさ:+50

●   コントラスト:-10

●   彩度:+10

●   アンビアンス:+80

●   ハイライト:+30

●   シャドー:+10

●   色温度:+10

※記載されている数値はおすすめの目安です。背景や影の濃さに合わせて調整してください。

『Snapseed』アプリで影を消す方法

「ブラシ」から「彩度」を選び、範囲を指定して影以外の部分を濃くしましょう。

※選択範囲は赤い部分で示されています。

『Snapseed』アプリで影を消す方法

ブラシから「露出」を選択すると、明るさの調整が行えます。

加工範囲の追加や削除は自由(^^♪ただ、数値は最後に指定したものだけが適用されるので注意しましょう。

明るさを場所ごとに変えたい場合は、選択範囲ごとに「✓」をタップして、作業を完了させながら変化させるのがおすすめです(^_-)-☆

何度も微調整を繰り返しているうちに、影はきれいに消えていきます。


商品をきれいに撮影するポイント

商品をきれいに撮影するポイント

写真に写り込んだ影は、アプリの画像加工で消してしまうことができますが、場合によっては違和感が残ることも。写真に影を入れないためには、やはり撮影時の工夫が必要でしょう。

影が写り込まない角度から撮る

室内で写真を撮影するときには、「照明→撮影対象→自分」と並ぶことがポイントです。照明と撮影対象の間で撮影すると、自分の影が写り込んでしまいますよ。「どこから撮影するか」という「ポジショニング」を意識することが大切です。下の画像は、左がダメな例、右がうまく撮れている例です。

影が写り込まない角度から撮る

 離れた位置からズーム機能を使って撮る

「撮影対象に近づくと影が写ってしまう…」という場合は、遠くからズーム機能を活用して撮影しましょう♡ズーム機能を使うと画質が粗くなることがありますが、2倍ズーム程度なら気にならないでしょう。

 離れた位置からズーム機能を使って撮る

フラッシュや照明を使って影を飛ばして撮る

フラッシュや照明を使って影を飛ばして撮る

影が写り込んでしまうときは、カメラのフラッシュや照明器具で影を飛ばすのもひとつの方法です♬


影を消す撮影Q&A

アプリなしでも影は消せる?

アプリを使わずに影を消すのは難しいでしょう。「カメラロール」や「Googleフォト」を使えば影を薄くすることはできますが、アプリを使えば、操作も簡単できれいに消すことができますよ(^_-)-☆


まとめ

この記事では、写真から影を簡単に消せるおすすめアプリや、影を入れずに撮影するコツをお伝えしました。写真を撮っていると影が入っちゃうこともありますよね( ;∀;)そんなときは加工アプリを使ってパパっと影を消してしまいましょう♡

今回紹介したアプリの中でも、『BeautyPlus』はシンプルで使いやすく、加工機能も豊富です。また「AI機能」も搭載されているので、精度も高く、きれいに影を取り除くことが可能です。

マイナンバーカードの作成時などの証明写真や、ポートレート撮影、フリマアプリなどに掲載する商品の撮影など、幅広い用途で使用できるのでおすすめです(^_-)-☆

BeautyPlusのダウンロードは以下のボタンから♡

関連するタグ
おすすめ
最新