ドット絵変換アプリ4選&Webツール3選!写真をピクセルアート風に大変身

レトロなゲームのようなドット調で、おしゃれな雰囲気を楽しめるピクセルアート加工。最近では、普通の写真を「古いけれど新しい」ドット絵に加工できるアプリや、ドット絵の状態で動画が撮れるものなど、多様なアプリが登場しているんです♡

この記事では、写真を手軽にドット絵風に変換できる話題のアプリやWebツールを厳選して紹介しちゃいます。

ドット絵変換アプリ4選&Webツール3選!写真をピクセルアート風に大変身

BeautyPlusのダウンロードは以下のボタンから♡


ドット絵ってどういうもの?

ドット絵ってどういうもの?

ドット絵とは、1980年代頃のビデオゲームのグラフィックに使われていた絵やイラストのことです。懐かしさを感じさせる絵の表現方法で、ゲームボーイのような画面をイメージするとわかりやすいかも。

ドット絵は、デジタル画像の最小単位である「ピクセル」をスマホやパソコンの画面に並べて表示されるので、「ピクセルアート」ともいわれています。


ドット絵変換アプリおすすめ4選

それでは、初心者の方でも簡単にドット絵に変換できるアプリを4つ紹介します♪気になるアプリはどんどん試してみましょう。

『BeautyPlus』オリジナルのドット絵を気軽に作れる

app

『BeautyPlus』では、「編集ツール」にある「モザイク機能」を応用すると、簡単に自分だけのドット絵が作れます。モザイクをかけた状態で撮影はできませんが、アルバムから加工したい画像を選べばOK!

フィルターが豊富なので、他のものと組み合わせれば、さらにおしゃれな画像の完成です。『BeautyPlus』を使ってドット絵加工を作る方法をわかりやすく紹介しているので、初心者の方も一緒に挑戦してみませんか(^^)/

ステップ1:アプリを開いて「編集を開始」ボタンをタップ

ステップ1:アプリを開いて「編集を開始」ボタンをタップ

まずは『BeautyPlus』のアプリを開いてください。トップ画面にある「編集を開始」ボタンをタップしてアルバムの中から画像を選びましょう♡

ステップ2:ツールの中にある「モザイク」をタップ

ステップ2:ツールの中にある「モザイク」をタップ

編集ツールを選んで「モザイク」をタップしてください。

ステップ3:写真全体にモザイクをかける

ステップ3:写真全体にモザイクをかける

ブラシのゲージを右端にすると、ペン先が太くなります。その状態で写真全体をなぞってモザイクをかけると、写真がドット調に変化します。

ステップ3:写真全体にモザイクをかける

モザイクの種類も豊富♡それぞれ違ったテイストを楽しめるので、いろいろなモザイクを試してみましょう。

BeautyPlusのダウンロードは以下のボタンから♡

『Pixel Art Camera』ドット絵風の風景を動画で楽しめる

app
『Pixel Art Camera』ドット絵風の風景を動画で楽しめる

『Pixel Art Camera』は、ピクセルアートに特化したアプリです。操作画面がレトロなデザインなのもgood!「STYLE(スタイル)」効果にするだけで、ピクセルアートが出来上がります。

このアプリの魅力は、効果をかけた状態で動画の撮影ができること。レトロなビデオゲームのような世界を楽しめます♡

『dot ART』モザイク&ポップアートでアメリカン風に

app
『dot ART』モザイク&ポップアートでアメリカン風に

『dot ART』は写真・イラスト・動画を加工して、モザイク画やポップアート風の画像に加工できるアプリです。色彩豊かなドット絵でおしゃれな芸術作品のように変身できます。カラーレベルを落とせば、ゲームボーイのような8bit(ビット)風に加工することもできますよ♬

『Bricks Camera』ブロック化でモダンアート風に変身

app
『Bricks Camera』ブロック化でモダンアート風に変身

『Bricks Camera』は、写真を撮影するときに被写体がおもちゃのブロックのようなかたまりに変化して撮影できるアプリです。

アルバムから写真を読み込んで加工することもできますし、フィルターをかけたまま撮影することも可能。モダンアートのような仕上がりに変身できるので、いろんなものを撮影して加工を楽しんでみてください。


ドット絵に変換するならこれ!おすすめWebツール3選

次に、ドット絵に変換できるおすすめのWebツールを3つ紹介!どれもオンライン上で手軽に楽しめるのがポイントです。無料で遊べるので、気になる方はすぐにチェックしてください♡

『ドット絵ナニカ』

『ドット絵ナニカ』

(引用画像:『ドット絵ナニカ』公式サイトより引用)

『ドット絵ナニカ』は、イラストからドット絵の設計図を作れる無料のWebツール。アプリではないので、インストールは不要♬オンライン上で気軽に利用できるのがうれしいですね。

ドット絵風にしたい写真をアップロードしてサイズを指定するだけの簡単操作。刺繍などの元絵に使用することも可能。「どうぶつの森」に利用できる設計図を作ることもできます。

『ドット絵こんばーた』

『ドット絵こんばーた』

(引用画像:『ドット絵こんばーた』公式サイトより引用)

『ドット絵こんばーた』も、加工したい画像をアップロードするだけでドット絵ができる無料のWebツールです。色の数やドットの大きさを4種類から選択できます。彩度やコントラストなどが調節できるのも魅力のひとつ☆彡

完成した作品は、X(旧Twitter)に投稿できるなど、自由に使うこともできます 。

『Pixel Me』

『Pixel Me』

(引用画像:『Pixel Me』公式サイトより引用)

『Pixel Me』は、自分のドット絵アイコンを作成するWebツールです。写真をアップロードするだけで、ドット絵の自画像が無料で出来上がります。背景色を自由に変えることも超簡単!

ドット絵になった自分の絵で模様を作って遊ぶのも◎アプリで利用することもできるので、PCを持っていない方も安心です。


ドット絵変換に関連するQ&A

Q:イラストをドット絵にするにはどうしたらいいの?

イラストをドット絵にしたい方は、BeautyPlus』などの写真加工アプリやWebツールを利用するのがおすすめです☆彡また、プロのデザイナーが利用している『Illustrator』などの画像編集ソフトも、ドット絵に変換できるツールが充実しています。

アプリやWebツールは操作も簡単で、手軽に好みのデザインに仕上げることができるので、初めての方におすすめです♡

Q:ドット絵変換アプリは無料で使用できますか?

ドット絵に変換するアプリはいろいろあり、無料で使用できるものも豊富♬例えば、自撮り機能が優れている『BeautyPlus』では、モザイク機能を応用するだけで無料のドット絵の作成が可能です。フィルター加工を組み合わせることで、よりクオリティの高い画像が出来上がります。

また、『dot ART』というアプリも、アーティスティックなドット絵が無料で作成可能。ご自身の好みに合わせたアプリを選んで、目を引くドット絵を作ってみましょう。

Q:ドット絵とピクセルアートの違いって何ですか?

ドット絵とピクセルアートは同じことです。「ピクセルアート」とは、コンピューター上の画像の表現方法のひとつで、表現に制限があった初期のコンピューターゲームで使用されていたような解像度が低い絵のことをいいます。日本では「ドット絵」といわれています。


アプリやWebツールでドット絵風加工を試してみよう

この記事では、ドット絵に変換できるおすすめのアプリやWebツールを紹介しました。たくさんのアプリやツールがありますが、手軽にドット絵風加工を楽しみたいなら、『BeautyPlus』を試してみましょう!

『BeautyPlus』は、簡単に自由にモザイクをかけられるのが魅力!自分の好きな雰囲気に仕上げることができます。

また、おしゃれなフィルターやスタンプも豊富で、人気の写真加工アプリならではの機能が充実しているのもポイント♡無料で楽しむことができる『BeautyPlus』を、ぜひダウンロードしてみてね(*^^)v

BeautyPlusのダウンロードは以下のボタンから♡

関連するタグ
おすすめ
最新